スポンサーサイト

2013.11.28 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ドライバーのエネルギー爆発理論と飛距離 コツ

    2013.11.28 Thursday

    0

      自分の思っている方向・距離感でボールが飛んでいくことなんてごくまれで、フェアウェイに乗せるだけでも苦労するありさまだったとしても、
      腕を振り回さなくとも全身を使ってボールへパワーを伝えられるようになり、力を抜いてスイングしても誰よりも遠くへボールを飛ばせるようになる方法がこちら



      ドライバーのエネルギー爆発理論のベースになっているノウハウを確立しているのが安楽拓也プロで、

      ドライバーで400ヤード飛ばしたり、ドラコンで3冠を達成するなど、抜群の飛距離を生み出しているほか、プロですから方向感だってフェアウェイに鮮やかに落とす腕前の持ち主です。


      安楽拓也プロのノウハウを、日本一のティーチングプロとして表彰されたことのある藤井誠さんが丁寧に解説し、

      実際にこのマニュアルの内容に沿って練習をしてみた小学生の男の子が7番アイアンで200ヤードを軽々と超えるほどの飛距離アップに成功しています。




      「7番アイアンで200ヤード」飛ばしてしまうのももちろん驚くべき点ですが、それをやってのけたのが「小学生」です。


      ゴルフ経験をそれほど持っているわけでもないし、体格だって決して筋力に恵まれているわけでもないのに、これほどボールを飛ばせるようになれたのは、

      飛距離を伸ばすためには、必ずしも体格とか筋力に頼る必要がないからです。


      クラブヘッドの芯でボールの芯を的確にミートさせることができれば、パワーロスを最小限に抑えて、ボールに最大限のパワーを伝えられるようになります。


      ヘッドスピードだけを追い求めて、腕の振りを速くしてみたり、筋力アップを目指すのは、「穴の開いたバケツ」に水を流すようなもので、

      まずはバケツの穴(スイングの欠陥)をふさいであげるほうが、ずっと手軽に飛距離を伸ばすことができます。


      安楽拓也・藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論では、あなたのゴルフ経験に一切左右されることなく、

      ドライバーショットの完成度を高めていくことができるレッスンマニュアルで、あなたの身体能力で発揮できる最高のショットを打てるようになります。



      ただ注意をしなければいけないのは、「究極のスイング」を身に着けたいと思っているのであれば、ドライバーのエネルギー爆発理論は残念ながら、

      あなたの追い求めている答えを見つけることはできません。


      ツアープロのスイングを見ていっても、人によって全くバラバラなスイングになっているように、

      基本となるスイングフォームを身に着けた後は、自分の体に合った姿へとスイングを進化させていくものです。


      どんな人にも共通するような「究極のスイング」なんておいもとても、そこには答えなんかあるわけがなく、

      無駄な手間と時間をかけることになりますので、自分にあったスイングを作ることを目標にまずは、ベースとなるスイングフォームを作ることに力を注いでいくべきです。



      結果的にかっこいフォームも身についてしまう安楽拓也・藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論の「前傾姿勢の取り方」についてこちらでも詳しく紹介しています。



      スコットペリーの発音大学 口コミ評判
      3ステップラーニング 石切山聡偲 口コミ掲示板
      ドライバー基礎ゴルフ上達術 吉本巧 DVD動画

      ドライバーのエネルギー爆発理論の飛距離アップ トレーニング

      2013.11.28 Thursday

      0


        あなたも、「アイアンでもドライバーでもスイングは一緒」といった話を一度は耳にしたことがあるんじゃないかと思いますが、

        長尺のドライバーを短尺のアイアンと同じように振って、正確にミートできるわけがありません。


        ボールの置く位置がそもそも違いますし、スイング軌道だってドライバーはアイアンよりも角度が浅くなります。


        極端に言うと、アイアンは縦に振り上げて振り下ろすイメージになるのに対して、ドライバーは横に振理回すようなイメージなりますので、

        アイアンと同じ感覚でドライバーを打とうと思うと、体のあちこちに無理な負担をかけてしまいます。


        ただ、安楽拓也・藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論でも解説されている通りスイングの「軸」に関してはアイアンでもドライバーでも共通をしており、

        体幹を意識して体を捻転させる動作は全く同じになります。




        そこで、軸づくりをするために、ドライバーのエネルギー爆発理論では7番アイアンを使うようになっていて、ドライバーよりも尺が短い分、軸を意識しやすいという特徴があります。


        軸がきちんと出来上がれば、ドライバーショットなんて半分以上は完成したも同然で、あとは、体重移動のちょっとした違いなどを微調整するだけで、

        目が覚めるような豪快な弾道でボールを飛ばせるようになりますよ。




        あなたも、↓のような悩みがあるかもしれませんが、


        へたくそと言われても、本当にそうだから言い返せない

        自分より年下に教わるのは癪に障る

        納得のいくラウンドができない

        フェアウェイに乗せるだけで精一杯




        ドライバーを中心にゴルフで悩みを抱える人の多くは、いろんな情報に振り回されているケースが大半で、

        再現性が高いうえに一貫性のあるスイング理論に沿って練習をしてみれば、今まで超えることのできなかった壁を、簡単に飛び越えることができるようになります。


        あなたも、ゴルフ上達に本当に結び付ていくポイントを中心にレッスンを進めていけば、握力がなくなるほどクラブを振り続けなくとも、

        下のようになることができますよ。



        飛距離が数十ヤードアップする。

        ゴルフがめちゃめちゃ楽しくなる

        コンペで優勝も夢じゃなくなる

        成績が大きく下振れすることがなくなる



        そもそも、ある程度の技術レベルを備えていなければ再現できないようなテクニックに挑むなど、無駄な練習に時間をつぶすのは今日で終わりにして、

        再現性の高い練習に集中して次々とコツを身に着けていき、次のラウンドでは、今までにない飛距離をたたき出せるようになりませんか??





        安楽拓也・藤井誠さんのドライバーのエネルギー爆発理論で、時間のかかる練習は今すぐにでも捨てて、手っ取り早くドライバーショットの完成度を高めていくにはこちら








        バストアップラボ 効果ネタバレ 大澤美樹 口コミ
        青木愛弥 ネタバレブログ 6つの条件の内容とは?
        1